人気になると忙しさも数倍

企業がweb関連の仕事を依頼するときに、大きなIT会社と契約するとコストがかさむため、フリーランスと契約することが多くなっています。その傾向は大阪も例外ではなく、多くのフリーランスが多忙になってきているのです。
企業が依頼するweb関連の仕事は、サーバーの構築や整備からIT関連のメルマガの作成・書籍のゴーストライター・パンフレットの作成・ホームページの作成など、多岐にわたります。フリーのエンジニアは、口コミや実績を買われて契約されることが多いようです。一つの企業に一度気に入られれば、すべてのweb関連の仕事を頼まれるようになります。そのため、優秀なフリーランスエンジニアは、5件以上もの企業の仕事の掛け持ちを行うことも少なくないのです。特に、新入社員を迎える4月などは、企業のコラムやメルマガなどの仕事が増えます。そのようなことから、春先には最も多忙な時期を迎えるのです。エンジニアは、春先は寝不足に悩まされることになります。そこで気をつけたいのは、あまりに多忙となると仕事の質が落ちてしまうことです。
フリー契約の場合、仕事の完成度が命です。一度、完成度の低い成果物を提出してしまうと、次から仕事が来なくなってしまうことを常に考慮しておかなくてはなりません。そのため、しっかりとスケジュールを立て、自分の体力を考えた上で、仕事の量をコントロールすることはとても大切です。そんなときのために、フリー仲間を作っておくのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です